まとめて出してもいいんじゃない?小物類も同時に買取

着物を売る際に残ってしまう和装小物はどうすればいい?

着物は着付けの際に多くの和装小物を必要とする衣装です。着付けた時に見える部分だけでも帯や帯締め、帯留め、半襟などがあり、見えない着物の下にも長襦袢や肌襦袢などをつけておかなければなりません。
また、着物を着る際には頭に付けるかんざしなどの髪飾りや履物としての下駄や草履、足袋なども必要ですので、着物を着る習慣のある人は多くの和装小物を揃えているのです。
しかし、着物を着る機会が減ったなどの理由で着物を買取に出す場合、これらの小物だけが手元に残ってしまうことになります。友人や知り合いなどで貰ってくれる人がいればよいのですが、そのような人に心当たりがない場合、無駄にしないためにはどうすればいいのでしょうか。

着物と一緒なら買取ってくれる店も多いのです

和装小物を無駄にしない一番良い方法は着物を買取に出す時に一緒に買取ってもらうということです。買取店にもよりますが、帯や帯締め、帯留めのような外から見えるものは買取が可能な場合が多いと言えます。
また草履や和装用のバック、かんざしなども高級なものは買取の対象となっていることがあります。しかし、それほど高価でない小物であっても着物と一緒であればまとめて買取ってくれる場合もありますから、買取サービスを利用する際には一度尋ねてみましょう。
一方、見えない部分に着るものの中でも長襦袢は買取対象となることが多いアイテムです。長襦袢は通常、着物と大きさを合わせてあつらえますから、着物を売る際にはセットで買取ってくれる場合がほとんどです。