高く売りたい!着物の買取相場と価格UPのコツ

着物の買取金額は種類や産地・作者などで決まります

着物を買取に出す時、自分の手持ちの着物がいくらぐらいで売れるのかということは最も気になることです。
着物はその着物の種類や産地、作者などにより大きく価格が異なります。例えば、着物の格としても高い振袖などは買取においても高値で買取ってもらえることが多いと言えます。産地や作者にもよりますが相場としては数万円から数十万円の値がつくこともあり、買取に出した場合はまとまった金額を得ることが可能です。
一方、小紋などのおしゃれ着に近い着物は少し買取額が抑えめになります。もともとの価格がそれほど高くないので必然的にそうなるのですが、色柄や着物の状態の良さで買取額が高くなることもあります。ですので買取ってほしい着物であれば、着物の種類を問わず一度査定してもらうほうが良いでしょう。

着物の状態の良さや価値の証明で買取額アップ!

では着物の買取の際に価格がアップする要因にはどのようなものがあるのでしょうか。
まず一番大事なのは着物の状態です。シミやカビなどの汚れがなく、虫食いなどの跡もないキレイな状態の着物が高値で買取ってもらえる可能性が高いものとなります。また、たたんでしまっていた時についたシワなどもない方が査定時に良い印象を与えますので、できるなら査定時までに直しておくというのも買い取り額をアップさせるコツです。
また、その着物が伝統工芸品に指定されているものや有名作家のものである場合、その証明となる証紙を用意しておきましょう。証紙があるのと無いのでは買取の査定額が大きく変わってきます。証紙は着物と一緒に保管されていることが多いので見当たらない場合はたとう紙の中や着物ダンスの中を探してみるといいでしょう。